TO KNOW WORK

仕事を知る(部署紹介)

仕事を知る(部署紹介)

01仕入れ(バイヤー)の仕事

生活者のあらゆるニーズに応えるために、
商品ジャンルにはこだわりません。

 顧 智勇 TOSHIO KO

 2015年 入社

MRG JAPANの仕入れ(バイヤー)の仕事は、海外と国内の二系統にわかれています。取り扱うのは、生活者の「こんな物がほしい!」に応える商品。 つまり、ジャンルは一切問いません。そんな幅広い商品を取り扱う部署のなかで、僕は国内のブランドの仕入れを担当しています。

具体的には、新作の提案・シーズンものの提案・買い付けといったことを行いますが、まずはどんな商品を売るのかを決めるところからはじまります。 MRG JAPANは、自分から提案すれば、まずはやらせてくれる環境。 だからこそプレッシャーはありますが、そのぶん自分が仕入れた商品がヒットしたときの喜びもひとしおです。

02販売企画の仕事

売れるか、売れないか。
それが、自分の出来をはかるモノサシです。

 金森 義行 YOSHIYUKI KANAMORI

 2014年 入社

販売企画の部署では、商品を販売するために必要なものを制作しています。 たとえば、ランディングページや取扱説明書、パッケージや、最近では動画撮影など。 これらをすべて自社で行っているため、商品化から販売までスピーディーに実行できます。 この部署で私は、商品の紹介ページなどのデザインやコピーライティングを担当しています。

つまり、商品を売るために、商品の魅力をエンドユーザー様に伝える役割です。 そのため、実際に商品が売れることでダイレクトに自分の仕事の出来が実感できます。 そんなふうに、MRG JAPANは、一人ひとりが責任をもち、自立して仕事ができる環境です。 自分のケツは自分で拭く。そこに私は、魅力とやりがいを感じています。

03ECサイト運営サポートの仕事

売り手側より、買い手側に立つこと。
いち生活者としての感覚を大切にしています。

 谷口 雄祐 YUSUKE TANIGUCHI

 2014年 入社

私たちの部署が担当しているのは、ECサイトのプロデュースや運用管理のサポートです。 ECサイトの部分的な弱点強化から運営代行まで、幅広く対応しています。 私の担当は商品の出品と販売の管理ですが、売り手側ではなく、つねに買い手側の立場に立つことを意識しています。

売り手側の一方的な考えで商品を出品してしまうと、エンドユーザー様の求めているものや、価格があわなくなってしまいがちだからです。 そういう意味では、やはりいち生活者としての感覚が大切になる仕事ですね。 そういったことを心がけながら、いつか世界的にヒットする商品をみつけだし、販売したいと考えています。

04カスタマーサポートの仕事

お客様の声を聞き、気持ちをくみ取ること。
迅速に、誠意をもって対応します。

 大塚 麻衣子 MAIKO OTSUKA

 2015年 入社

お客様からのお問い合わせに、電話やメールでご対応すること。それが、カスタマーサポートの仕事です。 商品に対する疑問・届け先の変更・商品の不具合・クレームなど、私たちが窓口となり、速やかに問題解決できるよう努めています。 お客様の声をダイレクトにお聞きした内容を、他部署のスタッフに共有することで、商品がよりよいものになっていきます。

そのため、お客様はもちろん、社内スタッフとのコミュニケーションもとても大切にしています。 たとえ同じ商品であっても、その商品への思い入れは人それぞれです。 だからこそ、お客様の想いをくみ取れるように、これからも誠意をもって仕事に取り組みたいと思います。